2019年 1月入選作品 (2018年12月応募分から)


自 由 吟

寒い夜前立腺がまた起こす 佐藤 光(東京都豊島区・76歳 )
検診が近づき心配症になる いいだひでき(東京都武蔵野市・61歳)
物忘れ特効薬は老いの恋 やんちゃん(福島県二本松市・57歳)
この齢でワクワクできる人がいる 林田昭子(東京都三鷹市・69歳)
弱点を見付けあなたが好きになり あめんぼ(東京都稲城市・78歳 )
用があるだけで嬉しい老いの日々 浅見忠司(東京都三鷹市・71歳)
女子会で妻も負けじと午前様 吉澤康裕(東京都豊島区・74歳)
鼻歌が教えてくれる年金日 斉藤道子(東京都三鷹市・65歳)
百面相いえいえ婆の笑いヨガ 鴨井喜子(福島県会津若松市・72歳)
夜が来て待てましたと酒を酌む 金子和子(東京都豊島区・79歳)
喉仏上下している嘘ひとつ さくらそう(神戸市中央区・60歳)
席どうぞ見栄張りたいがありがとう 長崎正子(東京都三鷹市・73歳)
ぼけ防止コーラス励み声をだす 木本憲枝(東京都豊島区・67歳)
汚れても地球逃げ出す術がない 沢田正司(愛知県常滑市・81歳)



課 題 「赤」  

紅させば足の先までおんながた 萩原倫子(東京都千代田区・71歳)
温泉で脱衣ためらう赤パンツ 二束三文東京都豊島区・76歳)
シニア着は昔黒だが今は赤 國定伊代子(東京都千代田区・77歳)
老いてこそ赤が似合うと煽てられ 岩窟王(さいたま市大宮区・74歳)
再婚は赤いドレスと決めてます 真田義子(仙台市太白区・73歳)
赤ペンで誤字直されたラブレター 山岸由美子(東京都中央区・年齢不詳)
原色の赤だけはしゃぐ暮れの街 風間なごみ(山梨市甲府市・77歳)
親切な赤の他人はスリだった 石田達夫(千葉県市原市・65歳)
自分史は真っ赤な嘘で埋め尽くす 沢田正司(愛知県常滑市・81歳)
貧乏を知らず赤ちゃん欠伸する 安田蝸牛(千葉県木更津市・62歳)
孫が増え赤字にこにこお年玉 横手敏夫(埼玉県南多摩郡・65歳)
初デート赤い鼻緒の下駄はずむ さくらそう(神戸市中央区・60歳)
高齢化紅白だけは若年化 本多秀司(東京都三鷹市・82歳)
紅白のどちらが勝っても除夜の鐘 岡田久男(東京都大田区・79歳)
記憶にも効くと言っては赤ワイン 藤井敬三(東京都稲城市・78歳)
今日もまた昼呑みをしてウサギの目 茶唄鼓(広島県福山市・65歳)
千鳥足赤提灯が妻に見え 鴨井喜子(福島県会津若松市・72歳)
今月も赤字と妻は悪びれず 右田敏郎(東京都大田区・75歳)
赤い字が並ぶ結果に青ざめる 岡本充敏(東京都大田区・59歳)
減らしたい月の赤字と体脂肪 やんちゃん(福島県二本松市・57歳)
クリスマスポインセチアの笑う部屋 橋本勝三(埼玉県所沢市・69歳)
錦秋のパノラマ愛でるバスツアー 木村忠信(東京都豊島区・79歳)
急ぐとき赤信号が憎らしい いいだひでき(東京都武蔵野市・61歳)
還暦の色の車で同窓会 長井佐和子(東京都墨田区」・57歳)
誇らしげ風に揺れてる赤い羽根 柳谷益弘(静岡県駿東郡・76歳)
赤道は見えずじまいに夜行便 長島秀治(千葉市中央区・80歳)
絹の道樹下美人図の紅伝え 遠藤靖彦(千葉市稲毛区・79歳)
ロシア旅赤い広場に妻と立つ 比良正弘(川崎市中原区・90歳)
デジタルの社会で朱印生き残り 松永成三郎(千葉県船橋市・83歳)
妻逝くも宙までつづく赤い糸 美川州平(神奈川県相模原市・88歳)
この齢で赤恥かいて楽しもう はぐれ雲(東京都西東京市・69歳)
赤紙の犠牲の上に今がある 亀津房子(東京都大田区・67歳)




NPO法人シニア大樂 しにあせん事務局
TEL 03-3251-3955  FAX 03-3251-3957
E-mail: senior-daigaku@joy.ocnne.jp