2021年  7月入選作品 (2021年  6月応募分から) <順不同>

自 由 吟

幸せな証拠夫婦の笑いじわ やんちゃん (福島県二本松市・59歳)
秋刀魚好き小骨取るのは妻まかせ 木村忠信 (東京都豊島区・81歳)
続柄正妻と書き物議呼び あめんぼ (東京都稲城市・81歳)
夫婦間緊急事態解除なし 長野 晃 (奈良県奈良市・81歳)
静けさに腹の虫鳴く座禅会 藤原規久子 (東京都三鷹市・68歳)
まだ若い骨がポキポキ鳴っている 金子和子 (東京都豊島区・86 歳)
腹八分二分は薬で生きている 浅見忠司 (東京都三鷹市・74歳)
この年で骨までしゃぶるスペアリブ 石川裕子 (東京都豊島区・85歳)
老人がだんだん若くなる老後 渡辺勇三 (奈良県宇陀市・78歳)
盲腸の傷を見せあう風呂の中 花輪厚生 (東京都三鷹市・83歳)
袋とじ見たくてやまぬ好奇心 沢田正司 (愛知県常滑市・83歳)
二階へは滅多に行かぬ高齢者 荘子 隆 (宮崎県宮崎市・70歳)
物欲が減って命が干からびる 山田 明 (千葉県印西市・70歳)
ダイエット行き過ぎあばら透けて見え 吉澤康裕 (東京都豊島区・79歳)
収まらぬ腹の虫には酒が効く 斉藤道子 (東京都三鷹市・74歳)
ワクチンの接種を終えて夢広げ 鴨井喜子 (福島県会津若松市・74歳)
顧問だが掃除もするしお茶セルフ 正能照也 (福岡市南区・74歳)
咳がでてさらに静まる会議室 隼 人 (横浜市瀬谷区・58歳)


課 題 「忘れる」  

危ないな妻の名前が出て来ない はぐれ雲 (東京都西東京市・72歳)
忘れたと言えぬ家内の誕生日 田村美穂 (横浜市泉区区・68歳)
名の出ないひとが笑顔でこんにちは 岡田久男 (東京都大田区・82歳)
待たせてる夫忘れて立ち話 やんちゃん (福島県二本松市・60歳)
カレンダー付けた印に首傾げ 遠藤靖彦 (千葉市稲毛区・73歳)
読めるけど書けない漢字また増える 石田達夫 (千葉県市原市・65歳)
ぼた餅が戸棚の中でカビの花 大月佐江子 (山梨県上野原市・73歳)
かあさんがどちら様かと聞く悲し 風間なごみ (山梨県甲府市・80歳)
ぼけとぼけ確かめ合って暮らす日々 萩原倫子 (東京都千代田区・71歳)
ガハハハと健忘症でごまかされ 藤井敬三 (東京都稲城市・80歳)
都合よく思い出したり忘れたり 橋本湧水 (埼玉県所沢市・70歳)
嫌な事忘れたふりは年の功 山岸由美子 (東京都中央区・66歳)
指の紐忘れ防止のオマジナイ 長島秀治 (千葉市中央区・82 歳)
かくれんび鬼が探すの忘れんぼ 國定伊代子 (東京都千代田区・77歳)
探し物忘れた頃にあらわれる 萬國谷慶子 (東京都江東区区・73歳)
孫の声忘れてしまうディスタンス 糸井淳治 (大阪府岸和田市・73歳)
自販機のつり銭気にし品忘る 美川州平 (神奈川県相模原市・92歳)
過去の傷に忘れたフリが温かい 亀津房子 (東京都大田区・67歳)
忘れるは便利な言葉歳をとり 松永成三郎 (千葉県船橋市・83歳)
拒否されて冷や汗たらりパスワード 岡本充敏 (東京都大田区・59歳)
書類入れ捜しながらのはしご酒 木村忠信 (東京都豊島区・81歳)
今回も財布忘れてきたと友 木村行吉 (名古屋市中区・72歳)
雨傘を忘れた場所にある秘密 沢田正司 (愛知県常滑市・83歳)
電車内傘がポツンと一人旅 山登爺 (福岡県春日市・68歳)
指切りを孫は絶対忘れない 渡辺勇三 (奈良県宇陀市・78歳)
年寄は時に忘れたふりをもする 右田俊郎 (東京都大田区・78歳)
大丈夫忘れる余裕まだあった 鴨井喜子 (福島県会津若松市・74歳)
全盛のころの記憶は忘れない 柳谷益弘 (静岡県駿東郡・79歳)
会えぬまま図柄忘れる二阡圓 荘子 隆 (宮崎県宮崎市・70歳)
記憶無い覚えていない常套句 岩窟王 (さいたま市大宮区・76歳)
蘇る忘れるために飲んだのに 正能照也 (福岡市南区・74歳)
川柳を作るにお題何だっけ いちに (東京都町田市・52歳)
高齢者忘るべからずエチケット ひぐちいちおう (埼玉県上尾市・62歳)
忘れるよそうすることが君のため 長野 晃 (奈良県奈良市・81歳)
いやな事忘れすっきり日々平和 大畑廣起 (岩手県盛岡市・73歳)
不確かな過去より今日の晩御飯 横浜あぱっち (横浜市瀬谷区・58歳)



NPO法人シニア大樂 しにあせん事務局
TEL 03-3251-3955  FAX 03-3251-3957
E-mail: senior-daigaku@joy.ocnne.jp