2017年 5月入選作品 (2017年4月応募分から)


自 由 吟

退職後今日も休みだ日が暮れる 石川裕子(東京都豊島区・80歳)
物忘れして毎日が新しい 浅見忠司(東京都三鷹市・67歳)
女房のメモで安売り走らされ 高木正明(さいたま市中央区・80歳)
畳替え古女房はそのまんま 加藤祐子(東京都調布市・69歳)
あきらめて古女房と新酒飲む 小山博史(東京都三鷹市・76歳)
前触れもなくやって来る酒の友 沢田正司(愛知県常滑市・79歳)
休肝日設けてみたがすぐ破り 木村忠信(東京都豊島区・77歳)
ふるさとにこころを開く鍵がある よもやま話(奈良県宇陀市・73歳)
妻旅行何をやっても怒られぬ はぐれ雲(東京都西東京市・67歳)
今も好き恋に時効はありません 真田義子(仙台市太白区・71歳)
もてるには鼻毛を切れと教えられ 執行宣光(東京都多摩市・74歳)
すっぴんの私は友に無視された 鴨井喜子(福島県会津若松市・70歳)
娘たちスマホ見ながら食事する イカケヤ(名古屋市緑区・65歳)
犬だってたまには散歩休みたい 杉山鈴谷(東京都豊島区・81歳)
百歳の今も休まず竹を踏み 和田ふみ緒(東京都板橋区・82歳)
近頃はニュースがホラーより怖い 荘子 隆(宮崎県宮崎市・66歳)
懐メロのケセラッセラでリフレッシュ 山口恭子(東京都武蔵野市・67歳)


課 題 「うきうき」  

化粧良し派手目の服でいざランチ 鴨井喜子(福島県会津若松市・70歳)
デパートへ自分の笑顔買いに行く よもやま話(奈良県宇陀市・73歳)
初恋の子も来るらしいクラス会 長戸康孝(さいたま市北区・68歳)
切り札をいつ出そうかと待っている 福村まこと(京都市下京区・73歳)
姿見は弾む心をしっている 萩原倫子(東京都千代田区・71歳)
茶柱が立った秘かにほくそ笑む 柳谷益弘(静岡県駿東郡・75歳)
電話終えまな板の音リズミカル 橋本勝三(埼玉県所沢市・69歳)
オメデタを伝えるスマホ指も跳ね 亀津房子(東京都大田区・67歳)
白内障治り旅行のプラン練る 藤井敬三(東京都稲城市・76歳)
旅行日の天気予報が晴に成る 石田達夫(千葉県市原市・65歳)
明日旅行薬持参でうきうきと 比良正弘(川崎市中原区・87歳)
春うらら老舗をめぐる京の旅 美川州平(神奈川県相模原市・84歳)
待ちに待った開花宣言喉が鳴る 長島秀治(千葉市中央区・78歳)
団子より花を楽しむ歳となり 岡田久男(東京都大田区・78歳)
花吹雪うきうきとして杯で受け 木村忠信(東京都豊島区・77歳)
コート脱ぎセーターで行く花の道 國定伊代子(東京都千代田区・77歳)
若い娘の後ろ姿にうきうきす 長嶋昭美(横浜市緑区・85歳)
うきうきと結んだはずの赤い糸 真田義子(仙台市太白区・71歳)
単身の夫帰る日紅を引く 落犀庵(広島県福山市・63歳)
春宵の川面うきうき匂いくる 松永成三郎(千葉県船橋市・83歳)
せせらぎに春の音符が目を覚ます 安藤昌之(千葉県浦安市・70歳)
熟睡し躍動感が目を覚ます 吉沢かおる(東京都中央区・64歳)
女優とデートしたのは夢の中 執行宣光(東京都多摩市・74歳)
春爛漫十人十色の夢が咲く 山岸由美子(東京都中央区・年齢不詳)
良いことがあって誰かに喋りたい 風間なごみ(山梨市甲府市・年齢不詳)
初孫に合えてうきうき頬ゆるむ イカケヤ(名古屋市緑区・65歳)
うきうきがランドセルから顔を出す 荘子 隆(宮崎県宮崎市・66歳)
蛍狩り背負った孫に指図され 松本紀代子(千葉県我孫子市・年齢不詳)
帰省した息子山車ひく春祭り 表 明子(東京都新宿区・67歳)
子はキャンプ妻は旅行で自由の身 沢田正司(愛知県常滑市・79歳)
うきうきと浮かれてばかり能天気 岩窟王(さいたま市大宮区・72歳)



 これまでの発表作品 しにあせん 応募方法

NPO法人シニア大樂 しにあせん事務局
〒101-0021 東京都千代田区外神田2-1-11 松住ビル 2階B室
TEL 03-3251-3955  FAX 03-3251-3957
E-mail: senior-daigaku@joy.ocnne.jp