しにあせん これまでの入選作品

 ご覧になりたい月を選んでください     今月に戻る 
 2016年 1月 2016年 2月  2016年 3月  2016年 4月  2016年 5月  2016年 6月 
 2016年 7月 2016年 8月  2016年 9月 2016年10月  2016年11月  2016年12月 
 2017年 1月 2017年 2月   2017年 3月    


 2017年2月入選作品


自 由 吟

高齢ドライバーなぜか奥さん後部席 松田千代子(東京都豊島区・74歳)
若作りホウレイ線が邪魔をする 斉藤道子(東京都三鷹市・65歳)
お洒落していざ出陣だバイキング 内田順子(東京都三鷹市・70歳)
料理には口出しできぬ味音痴 高木正明(さいたま市中央区・80歳)
女にはもてぬが犬にもてる俺 葛西文夫(埼玉県朝霞市・89歳)
未練あるお札を握り初詣 鴨井喜子(福島県会津若松市・70歳)
定年後女房にアゴで操作され あめんぼ(東京都稲城市・76歳)
逢わぬようまわり道でも鉢合わせ 杉山鈴谷(東京都豊島区・81歳)
入門書に嵌り頭痛ひどくなる 風間なごみ(山梨市甲府市・年齢不詳)
開幕を待つルーキーの腕が鳴る 沢田正司(愛知県常滑市・79歳)
真夜中に生きてる証トイレ行く 江口 徹(埼玉県春日部市・69歳)
余生まだあると思って紅をひく 小山洋子(東京都三鷹市・77歳)
口紅を塗って仕上げのハレの顔 長崎正子(東京都三鷹市・年詠不祥)
初恋の思い出知っている小指 真田義子(仙台市太白区・71歳)
道ならぬ恋をしてますアイドルに 中村百合子(東京都板橋区・85歳)
天災が忘れる前にやって来る よもやま話(奈良県宇陀市・73歳)


課 題 吟 「飛ぶ」  

万札は崩した途端羽が生え 石田達夫(千葉県市原市・65歳)
老い夫婦記憶が都んで仲が良い はぐれ雲(東京都西東京市・67歳)
夢を持て羽ばたけとある余命表 福村まこと(京都市下京区・72歳)
羽根伸ばしまだ飛びたがる喜寿の春 藤井敬三(東京都稲城市・76歳)
年金で買った自由に羽を付け 安藤昌之(千葉県浦安市・70歳)
もう少し翔べたらマシな人生に 松永成三郎(千葉県船橋市・83歳)
意を決しバンジージャンプ腰痛め 松本紀代子(千葉県我孫子市・年齢不詳)
飛躍する人に努力の後がある 萩原倫子(東京都千代田区・71歳)
飛び過ぎた女の着地ままならず 沢田正司(愛知県常滑市・79歳)
翔ぶ構えわたしの基地は仕舞い風呂 風間なごみ(山梨県甲府市・年齢不詳)
飛ぶ夢を紙飛行機は忘れない 落犀庵(広島県福山市・63歳)
飛ぶ如く高梨沙裸は鳥になる 岩窟王(さいたま市大宮区・72歳)
若いころ見た飛ぶ夢をもう見ない 表 明子(東京都新宿区・67歳)
高下駄で飛んだ青春夢半ば 遠藤康彦(千葉市稲毛区・年齢不詳)
翔んでいる人ばかりいて揺れる会 橋本勝三(埼玉県所沢市・69歳)
あの人に飛んで行きたし老いの恋 長嶋昭美(横浜市緑区・85歳)
今年こそ翼繕い風に乗る 山岸由美子(東京都中央区・年齢不詳)
飛んでいく母の記憶を握れない 吉沢かおる(東京都中央区・64歳)
飛ぶ時間赤信号で止めたいな 國定伊代子(東京都千代田区・77歳)
政治家は記憶を飛ばす技術持つ 亀津房子(東京都大田区・67歳)
北方領土鳥はビザなし行き来する 長島秀治(千葉市中央区・78歳)
飛ぶ鳥も下を見ながらあきらめる 羽賀壽子(千葉県我孫子市・年齢不詳)
飛ばされて瑳戦地で脱ぐ重い靴 やんちゃん(福島県二本松市55歳)
羨まし身の何倍も跳ねる蚤 比良正弘(川崎市中原区・87歳)
翔ばたくと思ったときは羽抜け鳥 岡田久男(東京都大田区・78歳)
真冬でも飛ぶ蚊が見える病もつ 美川州平(神奈川県相模原市・84歳)
時々はパルス飛んでる不整脈 てんじょう(神戸市北区・77歳)
タレントも落ち目になるとデマが飛ぶ 葛西文夫(埼玉県朝霞市・89歳)
対岸の火事もいつかは飛び火する よもやま話(奈良県宇陀市・73歳)
落ちそうで飛ぶ練習か巣が揺れる 長田博昭(東京都葛飾区・71歳)
初夢に翔んで転げて目が覚めた 鴨井喜子(福島県会津若松市・70歳)
ストレスを飛ばす夫の万歩計 みどり(神戸市北区・74歳)
水溜まり飛び越えられずしぶき浴び 木村忠信(東京都豊島区・77歳)
去年よりちょっと高くに飛べりゃいい 荘子 隆(宮崎県宮崎市・65歳)